通信制高校から卒業し就職

通信制高校から卒業し就職する場合、一般の学校より不利なのか
通信制高校は在宅において学習し、レポート等を提出することで学業の単位を貰えます。

そのため一般の学校と違い、教師によるサポートが著しく少なく勉学も自宅での学習次第となるのです。
この環境下ですと厳しい校風などは皆無ですし、統制されない形で高校卒業資格を得られることになります。
しかし通信制高校を卒業し就職となった場合には間違いなく一般的な学校に比べて就職が不利となるのは否めません。
企業が必要としているのは学業の優秀さもありますが、規律的な環境下になく自由に過ごしてきた通信制学生よりも、統制の取れた環境下で生活をしていた学生の方が仕事の面でも信頼出来ますし、社会におけるコミュニケーション作りにおいても普段から人との交流が豊富な一般学生の方が安心して採用出来るからです。
通信制高校は就職に関するサポート体制はどうしても一般高校と比べて少ないというか無いといっても良いです。
就職する場合には学校だけを頼りにせず、自治体のハローワークを活用しながら活動するのが得策でしょう。
日本で入学した高校を途中でやめて、外国で高校卒業資格を獲得したい、もしくはもっと勉強するために大学進学を考えているという方には、通信制高校のカリキュラムで時間やコストをセーブして上に進級できるプログラムも設置されています。