通信制高校に関する基礎知識

通信制高校とは、通信教育によって高校卒業資格が得られる高校のことを言います。
基本的には学習教材を用いて自宅で独習し、レポートを提出したりテストを受けたりして卒業に必要な単位を取得するという学習スタイルを取っています。

仕事に就きながら勉強したい人、何らかの事情で全日制高校での学習を中絶した人などに向いた学校であると言うことができます。
設立形態は通信制専門であったり全日制高校が通信制高校など教育部を併設していたりとさまざまで、公立・私立合わせて全国各地に存在します。通信制高校の修業年限は法律によって3年以上と定められており、在学中は先に述べたとおり自宅学習が中心となります。ただし学習上の疑問点などに対処するためスクーリングという制度が設けられており、教師と面談して直接指導を受けたり、悩みごとの相談に乗ってもらったりすることができるようになっています。
授業内容は全日制高校の普通科と同様のものがベースとなっていますが、学校によっては商業・看護・福祉など専門的な学科を学ぶコースを設けているところもあります。
諸々の要因があって、学年制を採っている学校では高校卒業を果たすことが困難な生徒も、単位制を採用している通信制の高等学校ならできるかもしれないということもあるだろうと思います。